ロードバイク日記 前後ホイールハブの掃除、グリスアップ

完成車に付いていたアルミホイール、よく言われる呼び名が「鉄下駄」なんですが、まあ1年くらいはしっかり使ってから憧れの軽量ホイールなんかに変えてみるのもいいかなあーとは思ってるのでまだまだこの鉄下駄を履いて走っていきたいと思ってます。距離にして5000kmくらいは走ってからホイール交換とか考えようかな。でも、それにしてもホイール単体前後合わせて2000g以上あるのでかなり重いのは事実ですがいいトレーニングになると思って。まあw

そんなこと思ってるのでまだしばらくは完成車の鉄下駄を使っていくのでせっかくなら重いなりにも軽く動くようにホイールハブのお掃除とグリスアップでもしとこうと思って取り外して分解なぞしてみました。

IMG_8824.jpg

まずはフロントホイール。以前にも何度かフロントホイール外したときにも掃除しようかなあと思ったんだけどその時はパッと見、分解できないように見えたんだよね。なので改めて今回は分解する気満々で確認してみたんだけど、どうやら、ハブの軸受部分は特にナットとかで固定されているわけでなく、スペーサーみたいのを圧入というかはめ込んであるだけなんじゃないかというふうに見える。ので、手袋した手で掴んで思いっきり引っ張ってみたらあっさり外れました。ベアリングこんにちわ。

ハブ左右のスペーサーはベアリングの穴にハマった長いアルミのスペーサーにハマってる感じだったので引っこ抜けば簡単に抜けました。で、左右ともそのスペーサーを外して中心のアルミスペーサーを外して完全分解です。むき出しになったベアリングを初めて見てみましたがやっぱりそんなにしっかりグリスが付いてる感じじゃないですね。防水のためのシールには明らかに足らないくらい。付け過ぎも良くないと思いますが分解して明らかなようにスペーサーだけでベアリングがすぐの構造ですから防水防塵防錆の最低限のグリスアップはしておきましょうかね。

IMG_8825.jpg

使用するグリスはみんな大好きなシマノのプレミアムグリスです。でっかい大チューブで買ったんですが自転車のあらゆるとこに使えるのでかなりいい感じの勢いで消費してるような気がします。

フロントホイールは構造がシンプルなんでこれだけでサクッと作業が終わりなんですが問題はリアホイールですね。構造が複雑だしホイール自体の付け外しにも手間かかるのでちょっと重い腰を上げるのに時間かかりつつもなんとか着手開始。

IMG_8868.jpg

まず、リアのスルーアクスルを外して気が付いたんですが、リアのディレイラーハンガーの固定が緩んでいることを発見してしまいました。あー、最近、リアの変速が微妙だったのはこれが原因だったのかも。スルーアクスルが固定されているときはハンガー自体はなんとか固定されてる風だったのですがそれでも多少のガタが出てたんでしょうね。なのでハンガーをフレームに固定しているビスをしっかり締め直しておきます。これ、よくありそうな箇所なのでぜひご確認を。(ネジロックしてもいいかもしれん)

IMG_8870.jpgIMG_8871.jpgリアホイールを外してスプロケとディスクロータを外します。フリーボディ側はスプロケ外さなくてもベアリングにアクセスできる感じでしたがこの機会にスプロケもキレイに掃除しようと思ったので外しました。ディスクロータもいつものように中性洗剤で洗います。

IMG_8872.jpgIMG_8873.jpg

リアシャフトを抜いてフリーボディ側を見るとシールパーツがあるのでそれも外します。それでさらにこのフリーボディも外して掃除、グリスアップする予定でしたがこのベアリングの奥が2つ穴の専用工具で外さないと分解できない構造になってることが判明。シマノの特殊工具のようです。工具を持っていないので今回はフリーボディの取り外し作業は断念してベアリングの掃除、グリスアップのみ行いました。

IMG_8875.jpgフリーボディ用に購入していたシマノのフリーハブグリスは新しいホイールを買った時が来るまで登場はお預けになってしまいました。。

IMG_8878.jpg

フリーボディ側のベアリング部にグリスでシールしてあげて、次に同様に反対側のベアリング部にもシールグリスしていきます。こちら側はシンプルな作りでシール部品などなくベアリングを挟む金属スペーサーだけの作りになっているので特に水の侵入を防ぐ意味でもグリスの量を意識する必要がありそうですね。

IMG_8877.jpg

IMG_8879.jpg

と、そんな感じで前後ホイールハブの分解清掃とグリスアップをしてみたんですがもうフレームに取り付けた段階で明らかにスルスルで回転が良くなってる感触が分かったのと、特に前輪がすごいスムーズになったことで車体を逆さまにしてフレームにホイールを付けていたら、勝手にホイールが動き出してホイールの重量バランスが良くなく特定部分がいつも下になってしまうことが分かってしまいました。。さすがに完成車の鉄下駄なもんでホイールバランスもこんなもんなんでしょうけど、バランスが悪いことがこう可視化されちゃうとやっぱりしっかりと調整されたホイールへの憧れも強くなってきたりしますねー。

【Amazon商品リンク】

シマノ(SHIMANO) プレミアムグリス チューブ入り 100g Y04110200

シマノ(SHIMANO) フリーハブボディグリス(50g)Y3B980000

CYCLISTS 自転車専用工具セット 23点セット シマノ対応 ツールボックス付き 自転車 組立て メンテナンス 修理(CT-K01)

CYCLISTS トルクレンチ セット 差込角 6.35mm(1/4インチ) 2~24Nm 3/4/5/6/8/10mm 5mm-L T20 T25 T30 ソケット プリセット型 自動車用 バイク用 専用収納ケース付 CT-T01