錦糸公園 kinshipark kinshicho olinas ロケット rocket 近所

今日は天気が良かったので近所の宇宙センターまでちょこっとロケットを飛ばしに来ました

#kinshicho #kinshipark #rocket #olinas #seiko

錦糸公園 kinshipark kinshicho olinas ロケット rocket 近所

[この場所を Googleマップ for iPhone で開く]

[この写真を Instagramアプリ で開く]

[この写真を Instagramサイト で開く]

[錦糸公園を Instagramアプリ で開く]

[錦糸公園を Instagramサイト で開く]

[filter:Clarendon]

【ポケモンGO攻略】やっぱり錦糸公園は凄かった! たったの1時間で「フシギダネ」7匹と「イーブイ」5匹ゲッツ!! | ロケットニュース24

ピカチュウしか知らなかった......いや、ピカチュウすら知らなかった人も巻き込み、ポケモンGOが空前の大ブームを巻き起こしている。レアキャラが出現するスポットには多くの人が集まり、まさにお祭り騒ぎレベルの賑わいだ。日本各地に "巣" と呼ばれるエリアが存在するが、その中でもいち早く有名になったのが東京都墨田区の「錦糸公園」だろう。「言うほどスゴイの?」と怪しみつつ出かけてみたところ、確かに錦糸公園は「フシギダネ」と「イーブイ」がダブル獲り出来る優良スポットであった。

オリナスについて_土地の記憶の継承 | 錦糸町ショッピングモール オリナス

江戸時代、亀戸天神の門前町として栄えた錦糸町は、明治以降縦横に水路が張りめぐらされた水運の街 としての利を活かし、様々な工場が立ち並ぶ産業の街として 栄えました。「世界のSEIKO」として知られるセイコーウォッチ (当時の社名は「精工舎」)が、このエリアに工場をつくったのは、 明治26年。当初は数十名だった工員も2年後には170名以上に急拡大、最盛期には 従業員約3,000人を擁する、当時としては世界最大級の大工場にまで発展しました。 明治の時代から今日まで、時計製造業のリーディングカンパニーとして最先端テクノロジーを常に錦糸町のこの地から生み出してきました。まさにこの地は、日本の時計工業の歴史が刻まれた場所といっても過言ではありません。しかし都市化の進展に伴い都心でモノをつくる時代に大きな変化が訪れ、精工舎工場も平成9年に閉鎖。東京建物は、精工舎から受け継いだこの土地を次の100年を見据えながら新しい地域の活力となるべくこの土地の再生を図りました。olinasは、精工舎によって刻まれた土地の記憶を継承するとともに、これからこの地に新しい歴史を刻んでいきます。