鰻 やっこ thedogdayofsummer visittoagrave なまず 鰻 丑の日

お墓参りの前に丑の日に食べられなかった鰻食べた

最近は鰻味のなまずが話題だけど鰻よりも好まれるなまずが安く世に出回る日もそう遠くはないんでしょうかねえ

#asakusa #unagi #visittoagrave #thedogdayofsummer

鰻 やっこ thedogdayofsummer visittoagrave なまず 鰻 丑の日

[この場所を Googleマップ for iPhone で開く]

[この写真を Instagramアプリ で開く]

[この写真を Instagramサイト で開く]

[鰻 やっこを Instagramアプリ で開く]

[鰻 やっこを Instagramサイト で開く]

[filter:Normal]

創業二百年 浅草「うなぎ やっこ」の歴史

当店の創業は今から約200年前の寛政年間(1789~1800年)で、店の場所は現在とほぼ同じ浅草田原町です。 徳川将軍でいえば十一代家斉の時代で、当時の江戸は東洲斎写楽の浮世絵が話題になっている頃でした。 店として創業や沿革についての記録を残していないことが残念ですが、文政7年(1824年)に発行された『江戸買物独案内』に「奴鰻」の名が記され、また嘉永5年(1852年)発行の『江戸前大蒲焼番付』という当時のグルメ紹介紙に掲載されています。 十一代将軍 徳川家斉 のらくらとした奴もあり 浅草寺参りの人が集まる江戸一番の繁華街の浅草で、江戸発祥の郷土料理ともいえる蒲焼を売る店ですから、創業当時からたいそう繁盛したものと思います。    ~ のらくらとした奴もあり田原町 ~ これは江戸時代の庶民川柳ですが、「のらくらとした奴」というのは、のらくらとした鰻を売る当店(当時は"奴鰻"という店名)のことです。 鰻は江戸っ子にたいへん好まれた食べ物だったこともあり、当店も江戸っ子には身近な飲食店だったのでしょう。

やっ古 (やっこ) - 田原町/うなぎ [食べログ]

やっ古 (やっこ) 店舗情報(詳細)3.09 3.03 3.07 49 件最寄り駅: 田原町駅 [ 東京 ] ジャンル: うなぎ 懐石・会席料理 予算: ¥5,000~¥5,999 ¥2,000~¥2,999 定休日: 水曜日(祭り、催し物日は営業)

ウナギ味のナマズ 開発者が「必ず儲かる」と言い切る訳 (NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース

絶滅が危ぶまれるニホンウナギの代わりとして近畿大学が研究開発したウナギ味のナマズ。昨年、25億円をかけて販売を手掛ける会社も設立された。今年に入り格安航空会社のピーチ・アビエーションの機内食に採用されたり、大手流通のイオンでは「土用の丑の日」の目玉商品となった。

「味はウナギ」 近大発ナマズのかば焼き、イオンで販売  :日本経済新聞

近畿大学は20日、同大学が開発したウナギの味に似たナマズのかば焼きをイオンが取り扱うことを明らかにした。30日の土用の丑(うし)の日に向けて23日から順次、一部店舗で計7千食ほどを提供する。同ナマズの小売店での販売は初めて。 近大が昨年に開発した「近大発ナマズ」は独自配合の餌を与えて井戸水で育て、特有の臭いを抑えた。今年は脂の乗りを良くして風味を高めた。他のスーパーや百貨店を含め、4~8月で1万数千匹を出荷する計画。刺し身や天ぷらといったメニューの開発を進め、通年での販売も目指す。