MINI-Z(ミニッツ)走行日誌 フロント周りのメンテと掃除道具

定期的に行っているフロント周りのメンテ。今回はナローのフロント周りを分解して掃除してたんだけどふと気になったことが。

フロント周りの部品、アームとかピロボールの穴とか、なかなか細かくて掃除しにくい部品が多い。そのままキムワイプみたいな柔らかいウエスみたいので拭いてクリーニングするのも限界があるので掃除するためのツールというか道具をなんとなく使い出したんだけど、ふと見てみたらなんてこと無い「歯の手入れ用品」のオンパレードだった。

IMG_8511.jpg

歯ブラシやら歯間ブラシやら。

歯ブラシはツールボックスに入れるのに長過ぎて邪魔になるので柄を短くカットしてツールボックスに入るようにして使ってる。歯間ブラシはサーキットでご一緒している方にいただいたのだがピロボールの穴の掃除や特に重宝しているのは、フロントアッパーアームマウントの穴の掃除はいまやこの歯間ブラシが無いと話にならないくらい大活躍してる。アームマウントの穴が汚れていてアッパーサスシャフトの動きが渋いとフロントアームの動き全体が渋くなってロールに対してリニアにアームが上下しなくなると見事に転倒しまくるようになるのでかなり重要だと思っている。

特にナローの車両は転倒しやすいのでこのフロントの動きでロールをしっかり出せるフロント周りのスルスル動作は重要かもしれませんね。

それから歯間ブラシの活躍の目玉はもう1つ、ステアリングブロックの穴もキレイにすべきポイントかもなあ。キングピンピロボールとのスライド、摩擦が発生する場所でここはほんと、ほっとくとすぐに汚れで動きが渋くなる。もう構造的に避けよううがない露出、汚れてしまうところなのでもういい動きを維持するためにはメンテ、クリーニングは必須になりますね。

キングピンピロボールはステンレス製のよりスムーズな動作を維持しやすいパーツも定番パーツであるけど、これを使っていても汚れたらやっぱり渋くなるので掃除は大切ですね。キレイにしておけばより良い動きになるって順番の話ですな。

SPステンレスキングピンボール(MR-03) MZW407 | 京商 | RC | Radio Control | ラジオコントロール | ラジコン

素材の表面に精細な研磨加工を施したステンレスを使用。ナックルの上下動作がスムーズになり、優れた走行性能を発揮します。

【今日のラップタイム】

IMG_8513.jpg

  • コース: 2021年10月24日レイアウト
  • ベストラップ
    • 青6: 8.40秒
    • N緑7: 8.8秒台くらい
  • 周回数
    • 青6: 94周
    • N緑7: 300周くらい
  • コメント: N緑7も走らせていたんだけどラップタイム画面の写真取るときに見切れてるの確認せずに写真撮ってしまったw フロントメンテこそしてからの走行だったけどそんなにタイム更新に至るほどの手応えはなかった。青6のワイド車両に関してはそれなりに狙って走ったってのはあったけど目標としてた8.5秒を上回って8.40秒が出た。各コーナーかなりコンパクトに回ってたので計測通るときに手応えはあった更新だった。特に2コーナー抜けてスピード乗ってからの左ヘアピンが小さく回れると確実に速い。やっぱりコーナーをいかに小さく回るかがラップタイムにもろに反映されるなあ。

【Amazon商品リンク】

京商 ミニッツRWDシリーズ レディセット マクラーレン 12C GT3 2013 マットブラック 電動ラジオコントロール 32325BK

京商 ラジオコントロール 電動ツーリングカー ミニッツRWDシリーズ レディセット マツダ 787B No55 LM1991 32328RE