MINI-Z(ミニッツ)走行日誌 ボールデフに戻しました

青モーターのEVOシャーシなんだけど、しばらくギアデフ使って色々試してみていた中で走りとしては軽快で軽いギアデフの効果でコーナリングもコンパクトにまとめられるしいい感じかなーと思ってたんだけど、久しぶりにボールデフに戻して走ったらやっぱりボールデフの安定感は最高でした。

ギアデフはコーナリング中の内輪浮きというか浮かなくても内輪の荷重が抜けると不安定になる感じ(巻いたりとか)が結局「タイムを出し続けて走る」を難しくしている感じで、逆に、ボールデフだとそれがほとんど無いと言うか感じられないので、結果として安定して周回を重ねられるのでタイムを出し続けられる→ レースで順位を上げられるんじゃないかということを実感しましたのでボールデフに戻すことにしました。

ボールデフの調整もまだまだ初心者としては不安要素ではあったんだけどでも、Oリングによるプレッシャーのボールデフは思ったよりも安定していて、かなり軽い感じで圧をかける状態でも変に加速が抜けちゃうとかも無い感じでミニッツのボールデフは優秀みたいです。セッティング的には滑らないギリギリで一番軽いくらいでいつも走らせています。ボールデフグリスはタミヤの安いやつ。

タミヤ ホップアップオプションズ OP.42 ボールデフグリス | タミヤ

RCカーの性能アップやセッティングに役立つパーツです

あとボディなんだけど メルセデス AMG GT3 を青モーターEVO(NV)で走らせていたんだけどこれも結局ある程度雰囲気が分かったところで12Cに戻したら「やっぱ12Cだわ」ってなったのでNVのボディは12Cに戻してRWD(PD)の方に メルセデス AMG GT3 を使うことにしました。いや、メルセデス AMG GT3 のボディは決して悪くないんだけどでも、ちょっと大きすぎるよね、やっぱりw

あとフロントの角の四角い感じはウレタンコースだとコーナー攻めてて引っかかりやすくそれが自分の場合はリカバリ出来ないので手に負えないという意味で難しいといった面も実際ありました。

IMG_5844.jpg

それからここんとこフロントタイヤを作ってるかな。サーキットのタイヤセッターを使わせてもらってタイヤ径をきちんと管理してセッティングを見ていってます。23.0mmから22.5mmくらいまでがワイド車両の自分にはちょうど良さそう。フロントホイールはナローのオフセット2.0mmか2.5mmを使っています。あんまり効果の実感は無いんだけど一応、両面テープはホイール全面でいつも貼り付けてます。

【今日のラップタイム】IMG_5841.jpg

  • コース: 2020年8月23日レイアウト
  • ベストラップ
    • NV: 9秒23
    • PD: 9秒76
  • 周回数
    • NV: 203周
    • PD: 198周
  • コメント: スラロームのようなコーナーばかりのコースにもちょっと慣れてきたところ。やっぱりフロントタイヤ小さ過ぎはアンダーが出ちゃってダメなのを体感し始めた。フロントタイヤはある程度大きいほうが初期がしっかり入るので転ばないようにというよりはツッコミ過ぎを矯正するのにいい練習になるセッティングかも。

【今日のラップタイム】 IMG_5842.jpg

  • コース: 2020年8月23日レイアウト
  • ベストラップ
    • NV: 9秒27
    • PD: 9秒93
  • 周回数
    • NV: 254周
    • PD: 168周
  • コメント: サーキットが混んでたのもあってタイムが伸び悩んだ。ボディが汚れてきたんだけどスミ入れのときに使ってるエナメルの溶剤を綿棒につけてボディの汚れを拭き取るとキレイになることが判明。ラッカー塗面を傷めないのでいいですね。消しゴムで汚れとる方法ってやってる人いるけどあれはウレタンクリアでフィニッシュしてないと使えない。ラッカークリアでフィニッシュしてると消しゴムでボディこすると艶が無くなるので自分はやらないようにしました。

【今日のラップタイム】 IMG_5846.jpg

  • コース: 2020年8月23日レイアウト
  • ベストラップ
    • NV: 9秒30
  • 周回数
    • NV: 401周
  • コメント: なんかだんだんタイムが落ちてるのが気になるけど。ボールデフにして結構快適になった。ボディは メルセデス AMG GT3。集中して青モーターEVOだけを走らせた日になった。

【Amazon商品リンク】

京商 ミニッツRWDシリーズ レディセット Sauber-Mercedes C9 No61 1987 32327KR